人気ブログランキング |

食を通してNYライフをご紹介☆
by nymirrorball2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
Serinaさん、 今..
by nymirrorball2 at 01:03
Serinaさん 春は..
by nymirrorball2 at 00:52
Konatsu さん ..
by nymirrorball2 at 00:41
JJ君と同じです ここ..
by serina at 22:17
空が高くなりましたね 鮮..
by serina at 22:15
chi-e ミラーさん..
by konatsu-san at 10:34
serinaさん、 ..
by nymirrorball2 at 00:51
serinaさん、 ..
by nymirrorball2 at 00:48
> kobemamaさん..
by nymirrorball2 at 00:43
私もマヨネーズで壁を作っ..
by serina at 20:01
普段気取らずに使えそうな..
by serina at 19:58
fishs eddy、w..
by kobemama at 12:56
serina さん、 ..
by nymirrorball2 at 03:49
斬新、御蕎麦をオリーブオ..
by serina at 01:52
> serinaさん ..
by nymirrorball2 at 00:49
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2015年 05月 30日

イギリス中部の町にシェークスピアの生家をたずねて、

a0170045_0211256.jpg

OXFORD大学を訪れた後、さほど遠くない街、
ストラトフォードアポンエイヴォン(Stratford-upon-Avon)に
同国を代表する劇作家・詩人のウィリアム・シェークスピアの生家を訪れました。

a0170045_0213122.jpg

小さな村で、村の家は古いかやぶきの家が多く、

a0170045_0215087.jpg

街の大通りにある道化の銅像です。銅像の下の説明には
"O NOBLE FOOL! A WORTHY FOOL! (AS YOU LIKE IT)"
とありました。シェイクスピアの作品 『お気に召すまま』 の一節だそうです。
銅像の名前は "THE JESTER" とありましたが、
これは芝居中で機知に富んだアドリブでお客を沸かせる
道化の名人をさすとのことです。

a0170045_02295.jpg

この村のメインストリート、彼の生家もこの並びにあります。
この街には三つのシェイクスピア劇場があります。

a0170045_0222883.jpg

もっとも大きいのがロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの
ロイヤル・シェイクスピア劇場です。

a0170045_0224293.jpg

村の本通りですが、シェークスピアの生家を
訪れる観光客で賑わっているような村で、

a0170045_0225736.jpg

あちこちに劇場のポスターが貼られています。

a0170045_1545154.jpg

良いポスターですね。

a0170045_0232532.jpg

花のアレンジもNYとは違う繊細さを感じます。

a0170045_1494448.jpg

シェークスピアの生家の全景、

a0170045_0233489.jpg

建物は2階建てに屋根裏部屋が付いた広壮なもので、
シェイクスピアが生まれてから500年近い年月が経っていますが、

a0170045_0234843.jpg

写真に見られるように現在でも堂々たる存在感を持っています。

a0170045_024871.jpg

家が大きいのは、内部に皮製品製造のための設備を持ち、
また職人たちをこの家の中に住ませたからでしょうか。
食卓も大きいです。

a0170045_0242273.jpg

ウィリアムの父は、羊毛商人で手袋の製造を行い、
これはその作業部屋です。
又、父は裕福な商人で、この町の町長をしたこともあるそうです。

a0170045_0245063.jpg

裏庭に出ると、若い人が大勢いて、
学生っぽい、のでよく見ると、

a0170045_0251768.jpg

シェークスピアの生家の裏庭に小さな舞台があり、
劇の練習をしていて、見たい人が眺めている。
私も座ってみていました。

a0170045_025312.jpg

立っている人たちは共演者で、
入れ替わって練習しています。
若いって良いですね。情熱がある。

a0170045_0255030.jpg

生家に隣接してビジターセンターがあり、
そこで展示やビデオによりシェイクスピア当時の時代背景を
知ることができます。 そして、ギフトショップがあります。

a0170045_026166.jpg

シェイクスピアなのかしら、

a0170045_0261244.jpg

大通りで見つけた本屋さん、イギリスの絵本と言えば、
ピーターラビットで、私も昔からの愛読者です。

a0170045_0262393.jpg

思わずいろいろ見てしまいました。

a0170045_0263914.jpg

かさばるので買いませんが、
NYより絵がなじみやすい。

a0170045_2294336.jpg

大人でも欲しくなるピーターラビットの絵です。

a0170045_0273333.jpg

ロンドンに戻るのに、又、延々と続く菜の花畑、

a0170045_027152.jpg

街に入るとラッシュアワーの始まりで、
しかし、ロンドンの街には二階建てバスが良く溶け込んで、
とても良く似合っています。

a0170045_0271192.jpg

そして、目に入る建物すべて歴史そのもの、
自分がその中にいるのが不思議です。







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2015-05-30 01:13 | イギリス旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 28日

今回はイングランド諸島を巡るクルーズの旅、

a0170045_22271234.jpg
今日からこの船でクルーズ12日間の旅がはじまります。ロンドンから南西に1時間余りのSouthhamputonの港から船に乗りました。
a0170045_22320632.jpg
船はロイヤルロイヤル・プリンセス号です。

a0170045_1144324.jpg

船内のギャラリーに竣工式典の写真が飾られています。
1年半前なのでまだ、真新しい船です。


a0170045_114710.jpg


a0170045_1142020.jpg


a0170045_1143074.jpg


a0170045_1145378.jpg


a0170045_22353891.jpg
ロイヤル・プリンセスのキャサリン妃の名を関した船なので、彼女がシャンペンで竣工を決めて、
a0170045_22391398.jpg
キャプテンも嬉しさいっぱいの笑顔です。
a0170045_22410622.jpg
やはり英国では彼女の人気は大変なもので国民の誇りだというのが伝わってきます。
a0170045_22434371.jpg

割ったシャンパンの瓶も、
a0170045_22454114.jpg

テープカットを行ったハサミも、
a0170045_22472163.jpg

もそのまま船内に飾られています。
a0170045_22480022.jpg
5、6、7階は吹き抜けのピアッザ、船の中心部にあります。12日間この広場を行き来するのです。間もなく出発のドラがなります。今回は日本の旅行会社が日本人客を20人位引率していました。








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク
by nymirrorball2 | 2015-05-28 22:25 | イギリス旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 28日

OXFORD 大学があるOXFORDの街を訪れて、

a0170045_2352637.jpg

今日は一日、朝から郊外へ、OXFORD 大学見学と、
シェクスピアの生家を訪れる小旅行に出ました。
ロンドン市街を出るとすぐハイウェーイの両側は、
牧場か畑、農園で、今は真っ黄色です。
キャノーラ油を作るための菜の花畑です。

a0170045_23523425.jpg

この時期ヨーロッパ中、こんな色です。
スイスもイタリーもフランスもこうでした。
昔はいつも五月の連休はヨーロッパにいたので…。
懐かしい思い出です。
この後に真っ赤なポピーが野瀬に咲きます。
緑色の畑は大麦の苗だそうです。

a0170045_23525163.jpg

OXFORDの街のMAIN ST.に入ってきました。

a0170045_04693.jpg

ランチ時で自由行動になりました。

a0170045_042162.jpg


a0170045_135118.jpg

まず、お土産に龍矢達にOXFORD 大学の
Tシャツを選ぶことにしました。

a0170045_0325284.jpg


a0170045_04364.jpg

建物は古い頑強そのものです。

a0170045_044854.jpg

大学のクラブですね。

a0170045_05478.jpg

とてもシックな落ち着いたたたずまいです。
いかにもイギリス、NYの郊外にもあります。

a0170045_051931.jpg

同窓会なんか、催しに使うのでしょう。

a0170045_053378.jpg

庭園の草木にも歴史があり、
見るのは初めての藤に似た木です。

a0170045_05562.jpg

今回の旅で草花、木の花は三分の一は初めて見るものでした。
非常に興味深かったです。

a0170045_061038.jpg

面白い名前のレストランですね。

a0170045_08890.jpg

かなり熱演していました。

a0170045_082282.jpg

街の中心部がこの辺り、
先の交差点が一番賑やかな処だそうです。

a0170045_084331.jpg

音楽に合わせて、おじさんが足を踏み、
鰐の口がパクパク開くのです。

a0170045_1341813.jpg

交差点はこの時計台の前で、ピアッツァと言うとここで、
学生たちの待ち合わせはここが多いそうです。

a0170045_01335100.jpg

大学の建物が街を作っているようです。

a0170045_014183.jpg

大学の大聖堂、

a0170045_0141863.jpg

これも宗教関係の建物、

a0170045_0152038.jpg

小さな見学者が未来の学生になる・・・、

a0170045_0184826.jpg


a0170045_0192668.jpg


a0170045_0241743.jpg

ナタリーちゃんもここで勉強する可能性は大ですね。
パパはベルギー人で、ママとNYで出会って結婚し、
ウォール街で働いて努力をしたけれど、なじめなくって、
家族でヨーロッパに帰ってきたそうです。

a0170045_0244118.jpg

目に映るこの年代の建物はすべて、
大学の関係のビルディングです。

a0170045_02513.jpg

建物を見るだけでも楽しく、
色んな事を想像してしまいます。
 
a0170045_0251756.jpg

まず、この大きさに、側によると、

a0170045_0303597.jpg

大学のサイエンス博物館です。
建物の古さが歴史を感じさせます。

a0170045_0313029.jpg

サンドウィチに、

a0170045_144321.jpg

キャンディーバーのようなおやつ、

a0170045_0331961.jpg

学生は車を持つことが許されず、
構内では自転車のみ使用するそうです。








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2015-05-28 01:47 | イギリス旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 27日

イギリス本場のFish and Chipsの夕食、

a0170045_0125439.jpg

旅行のコーデュネーターも大変な仕事で、
顧客を飽きさせないようにしないといけません。
今夜はホテルの側のレストランで夕食に、
フィシュアンドチップスの専門店に行くそうで、
ホテルから歩いています。
ロンドンタワーブリッジ沿いにあるそうです。

a0170045_0131829.jpg

間もなく、このようなゲートに入ります。

a0170045_0134787.jpg

中のヤードは、両サイドとも、
船着き場になっていて、

a0170045_0141139.jpg

ハーバーがビル街の中にあるということで、
すぐに、ティムズ河に出れるのです。

a0170045_0143158.jpg

目の前にこのビルが現れたので、
レストランはこの中にあると思いきや、違って、
この中は、小さなお店が連なり、モールのようです。

a0170045_0145522.jpg

そぞろ歩いて楽しむような場所で、
車は入れません。夜はデートコースかも。

a0170045_0151655.jpg

今は夏時間なので、午後の九時を回らないと暗くなりません。
と言っても今、午後7時ごろです。

a0170045_016939.jpg

早い時間なんですかねぇ。空っぽです。

a0170045_0162116.jpg

外の道からは見えません。

a0170045_0164063.jpg

周囲、ビルで囲まれていますからね。

a0170045_0165555.jpg

この向うに河があるようです。

a0170045_0461634.jpg

この建物が全部、一軒のレストランで、
Fish and Chipsの専門店、特に団体さん専門のようです。
3階まであり、我々は3階でいただきました。

a0170045_0172048.jpg

ここは一階ですが、すべてこのようになっています。

a0170045_0173235.jpg

まず、スープはとてもおいしかったです。
魚がダメな人は、肉、ソーセージ、
又、ベジタリアンには野菜料理がありました。

a0170045_017441.jpg

美味しかったけれど、冷凍でしたね。
ロングアイランドではいつも新鮮な魚を食べていたので、
多少、ガッカリです。

a0170045_0175546.jpg

まあ、猛スピードで魚を揚げて、
このように並び、ウエイターがさっと持っていきます。
もちろん帰りは真っ暗で、30人、
そぞろ歩いてホテルに戻りました。








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2015-05-27 00:24 | イギリス旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 26日

旅の始めはイングランド国の首都であるロンドンから、

今回の旅はグレートブリテン及び北アイルランド、
スコットランド連合王国を巡る旅です。
これを構成するイングランド国の首都であるロンドン( London)は、
3泊4日、毎日観光バスで回りましたが、
又、すぐ戻ってきそうな気がします。

a0170045_057243.jpg

イギリスのロンドン中心部、テムズ川河、

a0170045_0573970.jpg

ウェストミンスター宮殿(Palace of Westminster)は、
イギリスのロンドン中心部、テムズ川河畔に存在する宮殿。
現在は英国議会が議事堂として使用している。
併設されている時計塔(ビッグ・ベン)と共にロンドンを代表する建物、

a0170045_055427.jpg

ナイツブリッジにはデパートで有名なハロッズがあり、
ダイアナ妃の亡くなった後、売りに出され、
当時とは持ち主が変わっています。

a0170045_0555786.jpg

古い建物は限りなく美しく、
何百年もそのまま使えれているなんて、
石造りの建物は良いですね。

a0170045_0561298.jpg

街並みの景色が昔と同じで、変わることのない風景で羨ましいです。

a0170045_0562899.jpg



a0170045_0564462.jpg



a0170045_0577100.jpg



a0170045_0575673.jpg

我々のグループは30名くらい、
それぞれカメラをパチパチ、


a0170045_058857.jpg

かの有名な時計塔(ビッグ・ベン)です。
友人の家で、ウエストミンスター時計を買ったのは良いけれど30分おきに鐘が鳴り、
辟易していたのを思い出しました。
ここと同じ音色と言うのが売り物の三越で購入した大きな時計でした。

a0170045_0583384.jpg

ウエストミンスター寺院の前の広場、

a0170045_0585121.jpg

ウエストミンスター寺院に今から入ります。

a0170045_0593985.jpg

グループの人の3歳の姪御さん、
皆に撮られるので、撮りかえしています。
ナタリーちゃん、スイス在住の家族です。

a0170045_101633.jpg

ウエストミンスター寺院への入り口は裏手から回ります。

a0170045_2353864.jpg

これが入り口です。

a0170045_11286.jpg


ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)の内部図、
埋葬されている著名人の中で私が分かる人、
アイザック・ニュートン - 自然哲学者
ジェームズ・クラーク・マクスウェル - 物理学者
チャールズ・ダーウィン - 自然科学者
驚いたのは各人、畳一畳の石の下に埋葬されていて、
墓石には名前、年式が彫られているのですが、
皆さん、その上を歩くのです。

a0170045_13014.jpg

中から、たぶんこの辺から、撮影禁止だったような、

a0170045_134016.jpg

ロンドンタクシーは思ったより、小柄で愛らしい。
中を覗くと、けっこう座れますね、ただし、向かい合わせに、
トランクが無いようにも思いますが、

a0170045_135761.jpg

何度見ても、映画を思い出します。
トランクはどう入れるのか気になりますが、
座席の前に置くのかしら・・。

a0170045_141475.jpg

そして、時間に間に合うようにと連れて行かれたのが、
バッキンガム宮殿の衛兵交代。

a0170045_143561.jpg

今回はネパール人の衛兵が多く、
地震の後なので皆さんの心中を想うと、我々もその方が気になり、
友人と深刻な表情になってしまいました。

a0170045_15390.jpg

みなさん立派に凛々しく良い表情でした。

a0170045_151521.jpg

終わった後も大勢の人が列になって、
バッキンガム宮殿の見学、人気がありますね。

a0170045_153110.jpg


a0170045_154446.jpg


a0170045_16913.jpg

ランチを取った道に、これがあり、

a0170045_162413.jpg

入って見たかったのですが、
アガサ・クリスティーなら絶対に立ち寄りましたね。

a0170045_163610.jpg


a0170045_164881.jpg

真ん中の丸坊主のおじさん、が、我々のガイドさん、
元警官でリタイヤ後、ガイドをしているそうです。
3日間お世話になりました。

a0170045_17010.jpg

個人的にはイギリスは初めてです。
世界中いろいろ行きたい所が多くて、
やっと来たと言う感じです。印象は好印象でした。







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2015-05-26 02:19 | イギリス旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 09日

ロンドン初日に、見たもの、

a0170045_15542751.jpg

朝、ロンドンに到着して、すぐ郊外のウィンザー城 (Windsor Castle) を訪れました。
(バッキンガム宮殿から車で1時間ほど)女王エリザベス2世が週末に過ごす住居です。
a0170045_15593114.jpg

広大なお城に驚きました。何棟にも連なり大英帝国の頃を偲ばさせます。
a0170045_1615089.jpg

感心したのはみんなガイドラジオを、各自の語学を選んで持たされ、
またそれも細かく内蔵され、i-phon時代の文明です。
おかげで日本語で細かく説明が聞けました。
a0170045_1674281.jpg

a0170045_16113239.jpg

城外の村のロータリー、
a0170045_16134812.jpg

小さな店でサンドイッチを食べて、
a0170045_16165140.jpg

お店を覗き、
a0170045_1620630.jpg
a0170045_16193288.jpg
a0170045_1618577.jpg
a0170045_1616866.jpg

この後、ロンド市内に戻り、ホテルにチェックインしました。








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2015-05-09 16:22 | イギリス旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 09日

ロンドンタワー橋を歩いてみました。

a0170045_06385273.jpg
ロンドンに着いて3日目、突然、雨雲が出て雨がふる。噂には聞いていましたが、よく降りますねぇ。
a0170045_06435075.jpg
ロンドンタワーは綺麗ですね。このそばのレストランの夕食に行くのにホテルから歩いて10分です。
a0170045_06481483.jpg
そばに近ずく程に優雅な姿になります。
a0170045_06500172.jpg
我々は26人のグループで、同窓生で気心が知れてこごちのいいグループです。グリーンピースのスープは大好きです。一瞬、アスパラガスかと思いましたが、
a0170045_06542580.jpg
お互いが知り合いの友人だったり、数年ぶりの再会だったり、賑やかな晩餐です。
a0170045_06573419.jpg
チキンもジューシーに焼かれ、レント豆のソースを絡めていただくのですが上に松茸が載っているのが憎い。香りを大事にしていますね。スープにもエシャロットの揚げたのがのっかっていました。
a0170045_07025393.jpg
スイスのジュネーブ在住の娘さんと孫がツアーに参加している人は嬉しそうです。
a0170045_07061823.jpg
レストランは窓からロンドンタワーブリッジが見えて面白いです。
a0170045_07080980.jpg
帰りはブリッジを歩いて帰ろうと誘われてオトウサンが大喜び、私も美しさに大満足です。
a0170045_07102374.jpg
紺と水色の橋です。
a0170045_07114937.jpg
a0170045_07124520.jpg
綺麗で、Brooklyn Bridgeより綺麗ですね。
a0170045_07144854.jpg
a0170045_07152041.jpg
すっかり、渡って帰るものと思っていたら、
a0170045_07165838.jpg
行って、帰ってくる散歩だったので、
a0170045_07180901.jpg
とても、とても、満喫して、
a0170045_07192288.jpg
今日もいろんな町を訪れたけれど、
a0170045_07202817.jpg
a0170045_07210631.jpg
橋の往復が一番気に入ったように思えます。
a0170045_07222459.jpg
この辺りにホテルがあるのです。さあ、明日も楽しそう!!








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク
by nymirrorball2 | 2015-05-09 06:37 | イギリス旅行 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 08日

再会を約束して優雅な晩餐を、

a0170045_15434690.jpg

再会を約束して明日は東京へ、私はロンドンへと、
西行き、東行きです。世界は狭くなりましたね。
今夜はラサークです。お店からの先付け、
a0170045_15463046.jpg

ミセスと私はアスパラガスのサラダ、プロシュートの塩気で食べます。
先生はファグラーのテリーヌ、
a0170045_15511660.jpg

初物のソフトシェルクラブです。
もちろん私。
a0170045_5503746.jpg

先生は肉続きだったのでお魚と言うことで鱈のお料理、
a0170045_552581.jpg

ミセスはこれも今が旬のコロラドの仔羊です。
これが最高で大変良かったです。
a0170045_5551343.jpg

お店から、キャビアのデザートを一人ずつ目の前に置かれてびっくり、
気分が良くなりますね。
a0170045_5573172.jpg

私は必ずここでは濃厚でありながら上品な味のクリームブレー、
先生も同じオーダーされました。
a0170045_604737.jpg

ミセスは青リンゴのスフレ、
りんごの甘酸っぱい香りがツーンとこちらまで香りました。
a0170045_635448.jpg

コヒーと共にお店からデザートが・・・,
フランス料理ですからマカロンから、お得意のチョコレートまで、いかに甘いもの晩餐の後に大事かわかります。
a0170045_06204869.jpg
やはり最後は甘いものでお料理の感想を盛り上げて、食事は赤ワインは龍矢のパパのオススメのこのワイン、とても愉快でした。ワイン選びもだいじですね








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2015-05-08 15:52 | レストラン | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 07日

龍矢の街のお祭りは恐竜から、

a0170045_15522467.jpg

まち祭の一環で動物の銅像が街のあらゆるところに置かれます。
a0170045_15545318.jpg

今年は恐竜だそうです。
龍矢と親友は兄弟たちと作成中を見学に来ました。
a0170045_1557828.jpg

楽しい街祭り、
a0170045_1641280.jpg
a0170045_1634537.jpg
a0170045_1631463.jpg
a0170045_1624648.jpg
a0170045_1621729.jpg
a0170045_1613470.jpg
a0170045_161854.jpg
a0170045_1603064.jpg
a0170045_15595995.jpg
a0170045_15593173.jpg
a0170045_1559238.jpg
a0170045_15583535.jpg
a0170045_1558650.jpg


街のチューリップは満開、もうすぐ恐竜が街のあちこちに置かれます。
私たちも見に行かなきゃ。







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2015-05-07 16:07 | 友人・知人・家族 | Trackback | Comments(0)