食を通してNYライフをご紹介☆
by nymirrorball2
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
私も大好きムール貝。いつ..
by serina at 18:44
黄金の夕焼けニューヨーク..
by jjj at 15:39
追記 そういえばNYの..
by serina at 12:02
花の色が優しくなってきま..
by serina at 11:58
まるで娘と私のような会話..
by serina at 11:54
お写真で拝見してもシルク..
by serina at 10:20
朝のワンコとの散歩をすま..
by serina at 06:37
これはお値打ちですね ..
by serina at 11:53
Serina さん、 ..
by nymirrorball2 at 00:22
Serinaさん、 旅..
by nymirrorball2 at 00:19
美しいですね。 ビーツ..
by serina at 07:49
ボンゴレのアサリが大きく..
by serina at 07:32
これは嬉しい、すごく楽し..
by serina at 07:30
Serina さん、 ..
by nymirrorball2 at 09:01
jjjさん、 昆布だし..
by nymirrorball2 at 08:57
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 01月 28日

書道家、鈴木猛利さんのトークライブ、デモストレーション、

a0170045_09083573.jpg
「伝統と創造」のセミナーのあと、レセプションでワイン、軽食を頂き、
その間会場の椅子が全部取り除かれて、
真っ白な世界が広がりました。
和紙ではありませんでしたが、

a0170045_09133169.jpg
この方が書家 書道家鈴木猛利さん、
色々とお話ができました。

a0170045_09165141.jpg
尺八の奏者もスタンドバイで、デモストレーション中は奏でられるそうです。

a0170045_09190787.jpg
尺八の音色が「初めまして、書の世界へ」と誘っているようです。今日は本当にラッキーな日です。彼は音楽に聞き入り、気分の高揚を図っているようです。

a0170045_09224713.jpg
尺八の音楽と共に始まりました。
おもむろに体が動き始めました。

a0170045_09232992.jpg
墨の中に筆を泳がせながら、

a0170045_09240767.jpg
皆が固唾を飲んでいます。

a0170045_09245210.jpg

a0170045_09254266.jpg

a0170045_09261491.jpg
優しい墨の香りが漂ってきました。

a0170045_09264496.jpg
私の立っている場所は正解でした。すぐ左手で尺八が奏でられて、

a0170045_09273942.jpg
目の前では柔らかな墨の香りが揺れています。

a0170045_09322767.jpg
無という字ですね。

a0170045_09345765.jpg
由という字ですね。

a0170045_09353992.jpg
揮毫を入れられて、

a0170045_09361505.jpg
長いですね。

a0170045_09365231.jpg
お疲れ様です。

a0170045_09374873.jpg
鈴木猛利さんのご挨拶と、今回NYでの想い、
そして今日の「無由」のご説明は、
物事をするのに理由は要らないよ、
と言うような解釈のようです。

a0170045_09391263.jpg
柔らかな墨の香りが蔓延して和楽器の音色と合わさり、不思議なパフォーマンスを味わいました。では、7階のギャラリーへと向かいました。










人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2017-01-28 09:03 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 28日

日本クラブの企画展「和紙:伝統と創造」展、

a0170045_06435141.jpg
愛知県立芸大の柴崎幸次教授の和紙に関するセミナーに参加しました。
この方は日本の新進気鋭の和紙照明作家です。

a0170045_06442947.jpg
いかに和紙の手漉きの不思議さ素材の面白さを色々聞き、凄い!
和紙の底力を知り、徐々に納得していきました。

a0170045_06450408.jpg
柴崎幸次研究室の生徒さんと研究室の様子を
拝見、用具、道具を全て手作りで和紙を漉いて、
a0170045_06454299.jpg
その和紙に描かれたり、作品を作られたり、

a0170045_06461161.jpg
作者のご紹介もあり、セミナーの後に7階のギャラリーにて、和紙の照明作品を見るのが楽しみです。
a0170045_06463527.jpg
一言で和紙と言いますが、歴史、種類も産地で全て違うそうです。セミナーはとても面白くて、恐らくわかりやすく説明して下さったようです。
a0170045_06471784.jpg
柴崎幸次さんの作品です。右のように白い箱で灯がとと左のように桜の花が咲きます。和紙照明:和紙の重ね貼りで錯視を表現していて、驚きの美しさです。

a0170045_06480528.jpg
同じく柴崎さんの作品です。是非、我が家のテーブルに添えたいですね。










人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

ジモモ ニューヨーク


こちらをクリックすると
異国巡り@ニューヨーク


by nymirrorball2 | 2017-01-28 06:41 | 趣味 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 23日

一日中小雨、霧、みぞれならば散歩はMoMAへ、

a0170045_08505058.jpg
こんな天気でも混むのですよね。観光客が目指して来るところなんで、4:30pmに入り、友人のオススメは6階です。

a0170045_08533601.jpg
入り口の側に巨大なパネル、彼、ご本人です。


1879年、パリでキューバ大使とフランス人の間に生まれ、1913年、アーモリーショー以降アメリカとヨーロッパを行き来した。1945年、パリに戻り、最後はパリにて没す。74歳没。モンパルナス墓地に埋葬されている。
横尾忠則はピカビアに私淑し、ピカビアの作品をモチーフにした作品を制作している。
時期により、その作品のスタイルがめまぐるしく変わったことでも有名。
大のカーマニアであり、生涯に自動車を127台も買い換えた逸話が残っている。
(Wikipedia より、)
a0170045_08554460.jpg
この絵はどこかで見ましたね。

a0170045_08565683.jpg
風を感じます。オトウサンもこの壁の6枚の中でこれが一番好きだと、同じです。

a0170045_08594088.jpg
とても大きなキャンバスで、凄いです。

a0170045_09010058.jpg
「アダムとイヴ」
初めて観る画は新鮮です。

a0170045_09312132.jpg
彼も初期の頃、中期、後期前、全く違う画風で、
a0170045_09321138.jpg
後期の後でまた初期に近ずき、

a0170045_09364852.jpg
世界中から集められた彼の作品を一堂に比較できるのはラッキーです。

a0170045_09392862.jpg
5階は我々の大好きな階、アクション・ペンティングのジャクソン・ポラックの大画に迎えられて、"One: Number 31" 1950. は彼の代表作の一つです。ドリップ・ペンティングと言う画法。

a0170045_09415520.jpg
美術館も1人で見に来るのが良いですね。
ここには著名な画家の作品がこれでもかと並べられ定番も数多く、その上に作品の入れ替えもあり、同じフロア内で見れるので、数ヶ月に一度は立ち寄りたくなります。

a0170045_09430787.jpg
Amedeo Mondigliani イタリアの画家ですが、
特徴がありますね。

a0170045_09454564.jpg
ヘンリ・マチスの有名な絵です。"Dance l"

a0170045_09470799.jpg
これは大昔、パリでみました。金魚のインパクトが凄くありました。

a0170045_09485774.jpg

a0170045_09492648.jpg
大好きなシャガールです。"I and Village"
ロシアっぽい光景なのは彼がロシア出身だから、

a0170045_09500846.jpg
そして、グスタフ・クルムト、
1907/08、" Hope ll "
オーストリア出身の画家、

a0170045_09530578.jpg
日本の影響が強く出ています。日本の伝統的工芸品の模様とか日本的な金の使用の仕方です。

a0170045_09543774.jpg
パブロ・ピカソです。"アビニヨンの娘たち"

a0170045_09592370.jpg
パブロ・ピカソの絵です。

a0170045_10000407.jpg
とにかく5階は大好きで、おそらく数時間は楽しめます。

a0170045_10012901.jpg
友人もいつも、まずここに案内していますね。

a0170045_10025349.jpg
ゴッホのこの絵はいつもここにあります。
「星月夜」"The Starry Night" 一番人気のある作品です。何度も見ても、いつも同じ気持ちに駆られます。
a0170045_10050208.jpg
ゴッホのこの絵、郵便局員が初めて掛けられた日は鮮明に覚えています。人だかりの中をのぞいて見ました。20年くらい前?あれからズーと
ここにあります。定番の絵、

a0170045_10073819.jpg
これはとても可愛い絵で、仔犬の表情がユニークです。作家名を見て驚きました。ゴーギャンですよ。良い絵でした。

a0170045_10152006.jpg
入り口に有名なウォフォールのキャンベルトマトスープです。近いんだからもっと楽しまなきゃ、と夕食にむかいました。









人気ブログランキングへ

by nymirrorball2 | 2017-01-23 08:47 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 15日

先週、"Lion"と言う映画を見て、

この映画は実話で、この話題を知ったのは2年くらい前、その時にグーグル ・アースでロングアイランドの自宅を見て、うら庭の網戸の横の秘密基地まで見てとれて驚き、ならばとNYのアパートをと見ると、一つずつの窓が覗けてカメラ眼を360°回せられて驚きました。

映画のあらすじと写真は映画会社のHPより拝借しました。
a0170045_06491444.jpg
"5歳の時、故郷の駅で停車していた列車に乗り居眠りをしてしまったため、地元から遠く離れそのまま迷子となり、路上生活を経てオーストラリアの里親のもとで育ったインド人青年が、過去のかすかな記憶を頼りにGoogle Earthを使って故郷を特定し、家族と再会した奇跡の実話の映画化。"

この映画を涙ポロポロ、ハンカチ片手で見たのですが、なぜ育ての母は彼の次にもう一人同じくインド人の男の子を同じ孤児院から養子に迎えたのか? そしてその子が障害のある子供と分からず、度々、大きな発作を起こします。
幸せな家庭はその時から苦悩な家庭と変化してしまいました。主人公の様に優秀で育てやすい子ばかりと思ったのでしょうか?主人公も生活が変わってしまいます。けれども感心させられたのはこの夫婦は障害のあるこの義理の息子を心身に育てていくのですね。生涯をかけて決して、give upしない。何故?と考えながら、映画を見終わって答えが出て、何を伝えているのか理解しました。この様に私が一人で映画を見に来るのは他の人生を覗きたいから、本を読むのと同じです。一人で映画を見に来るのが好き。






人気ブログランキングへ

by nymirrorball2 | 2017-01-15 06:40 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 08日

Piaf! The Show, 60周年記念@カーネギーホール、

a0170045_04214947.jpg
昨日、歩いて五分のカーネギーホールに着いたのは7:35pmです。8時開演で余裕を見て来ました。

a0170045_04241012.jpg
やはり、中高齢者ばかり。

a0170045_04251233.jpg
チェス銀行から渡って来たらこのポスターが目に入り、エッ、ピアフ!!歌手はフランス人です。フランス語でシャンソンを2時間以上聴けるなんて!今日は火曜日で、この金曜日ですって、すぐ中に入って希望価格の1番良い席を買いました。
何の60周年かも分からずに観ます。

a0170045_04331233.jpg
若かりし頃のピアフさん、壁にスライドが順に映し出されます。好きだった男性が古い人から順に出てくるのを見ていて、笑ってしまいました。だんだん、ハンサムになっていき、ある頃からジゴロのようにネバっとした目つきの色気のある目つきの人になり、声を出して笑ってしまい、あぁ、これが一人で見にくる冥利なんだ。思うように笑えるのです。

a0170045_04391792.jpg
そう、こんなシーンは良く写真で見ましたね。小さな体いっぱいの声量で歌うピアフ、
今日は"パリの空" " バラ色の人生" "愛の讃歌" 愛の賛歌は別の歌を聴いいるようで最高な独唱で、何故日本語で歌うのとは違うのか、
ランボギニーとフェァーレディー位違う。

a0170045_04423975.jpg
小さい頃のピアフ、伝記も読んだし、映画も見たし、レコードもいっぱい、CDもあるし、大ファンです。
a0170045_04453673.jpg
何処もかしこも中高齢者ばかりでこれもクスリっと笑ってしまいました。

a0170045_04471545.jpg
見たことのない写真が次々と壁に映されていきます。
a0170045_04485677.jpg
これならもっと早く来ても写真を楽しめましたね。
a0170045_04502066.jpg
こんな頃もあったのですね。

a0170045_04513397.jpg
こんな表情で歌うピアフ、歌声が聞こえて来ます。このショーで歌うAnne Carrereさん、2年前もこのステージで、ピアフ生誕100周年祭を行なったそうで、見損なって残念でした。

a0170045_04553840.jpg
彼女のライフワークはピアフの歌を歌うことで、私も気に留めよう。歌声がそっくりで歌い方もピアフそのもの、素晴らしいショーでラッキーでした。
a0170045_04583724.jpg
この表情も記憶があります。

a0170045_04593252.jpg
若い頃、又、レコードもCDも出して聞いて見たい。
a0170045_05011932.jpg
シャンソンファンばかり、

a0170045_05022840.jpg
休憩を入れて2時間半、歌いっぱなしで、知らない曲が半分近くあり、とても新鮮で、Anne Carrereはフランス語のみなのも新鮮でした。
アン・カレーレさんです

a0170045_05030750.jpg
途中で感きまわって両手で頰を抑えて、英語で今日はピアフが最後のコンサートを行なった60年前の今日のこのステージで歌った同じ場所で同じ歌を私が歌うなんてと泣き出しました。

a0170045_05034094.jpg
この時、私もそのショーが見れたラッキーさに感動しました。
a0170045_05043721.jpg
ピアフの歌声より、綺麗な声です。だって、彼女は30才です。公演中は撮影禁止で様子は写せませんでしたが、素晴らしいショーでした。

a0170045_05164888.jpg
最後の曲は皆んなもご一緒にとスクリーンにフランス語の歌詞が映し出されて、
"La vie en Rose" 有名なバラ色の人生です。

a0170045_05154755.jpg
驚いたことに何故か私の周り4列ぐらいが30代の若者で?と思っていたのが、全員フランス語で歌い出したのです。

a0170045_05162452.jpg
協賛がフランス協会だったので関係者ですかね。とにかくニューヨークは愉快なところで楽しいです。
アンコールが最高に愉快で、その時の話は又、次回、元気が出た時に書き足します。

今、思い出したのですが、ママの高校生の頃に家族旅行でパリに行った時にエディット・ピアフのお墓に行っているのです。ママはショパンのお墓が見たくて、彼女はショパンにはまっていて。ペール・ラシェーズ墓地 フランスパリ東部にある墓地エディット・ピアフショパンビゼーポール・デュカスプルーストマリア・カラスモディリアーニジム・モリソン等の世界的な著名人の墓が多くあることで知られていました。JJのパパは何で僕がここに来ないといけないのとプンプン怒り、オトウサンは歴史が好きだから、地図の案内を読みながら墓地の中を歩き回る私とママに付いて、今日、二人に電話をして言いましょう。覚えているかな?








人気ブログランキングへ

by nymirrorball2 | 2017-01-08 04:21 | 趣味 | Trackback | Comments(3)
2016年 11月 26日

晩秋のクロイスター分館が楽しくて、

a0170045_07182594.jpg
回廊は大好きです。

a0170045_07191848.jpg

a0170045_07200363.jpg

a0170045_07211019.jpg
中庭の一つ、

a0170045_07215765.jpg
テラスに出てハドソン川を見て、季節を感じます。
a0170045_07230917.jpg

a0170045_07235600.jpg
この間来たのは夏の始まりですね。

a0170045_07244544.jpg
子供連れのお母さんも絵になる借景です。

a0170045_07252502.jpg
この先のカフェも好きで、ナオミちゃんたちが大喜びでした。

a0170045_07260715.jpg
入ったり、テラスに出たり、気ままにさくひんをみます
a0170045_07280577.jpg

a0170045_07284972.jpg

a0170045_07291535.jpg

a0170045_07315638.jpg

a0170045_07325540.jpg
クロイスター美術館のドアーを開け、
駐車場までの道々紅葉を楽しみ、
カメラにあちこち納めて、行楽が楽しめた午後でした。

a0170045_07334148.jpg
家に帰って来てもまだ明るくてしばし、セントラルパークの晩秋に楽しかった時間を思い出していました。いよいよホリデーシーズンがやって来ます。


人気ブログランキングへ

by nymirrorball2 | 2016-11-26 07:17 | 趣味 | Trackback | Comments(0)