食を通してNYライフをご紹介☆
by nymirrorball2
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
kobemama さん..
by nymirrorball2 at 00:49
kobemama さん..
by nymirrorball2 at 00:39
ご夫婦2人でごゆっくりと..
by kobemama at 12:51
龍矢くんたち、帰ってしま..
by kobemama at 21:39
ようこそNYへ、 雨の..
by nymirrorball2 at 05:59
おはようございます! ..
by kobemama at 18:28
美味しそうなものが沢山並..
by serina at 11:08
立派なズッキーニですね~..
by serina at 07:35
> serinaさん ..
by nymirrorball2 at 01:59
根の長い薬草が気になりま..
by serina at 08:46
Serinaさん、 と..
by nymirrorball2 at 21:05
Serinaさん、 お..
by nymirrorball2 at 20:59
素敵なお店はショッピング..
by serina at 06:55
アッパレ!!ナオミちゃん..
by serina at 06:51
serina さん、 ..
by nymirrorball2 at 07:10
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 06月 21日

一保堂茶舗夫人のお抹茶のセミナーに参加して、

a0170045_01030138.jpg
お抹茶は頂くのですが色んな知識が頭に織り込まれて、時々億劫で頂く抹茶の缶が並んでしまいます。
a0170045_01034965.jpg
今日は日本クラブで、お抹茶を気軽に楽しむセミナーをお抹茶を立てる道具と点て方を紹介しながら、

a0170045_01042501.jpg
気軽にお抹茶を楽しめるコツを教えて頂き、私の場合はまさに目からウロコの状況で、

a0170045_01053045.jpg
どうして、お茶碗を回すのか、要は綺麗な絵柄を客人に向けてお渡しし、頂いたら、絵柄を正面にて拝見すると言う当然の仕草だけを考えればいい自然なこと、どうして色々な流儀を耳に入れて来たのか、

a0170045_01061266.jpg
袱紗の作動も客人に対して棗、茶さじを浄める作動でと言われると素直に耳に入ります。流儀を堅苦しく難しく聞かされて、遠のいていたように思いました。

a0170045_01070519.jpg
一保堂茶舗の六代目夫人は私にお茶の愉しみ方をもう一度引き戻して下さいました。

a0170045_01074910.jpg
今日は龍矢のママを誘って来なかったのが残念です。次回、六代目夫人の講演がある時はきっと誘い、お抹茶を愉しめれるようにしてあげたい。
a0170045_01084112.jpg
できたら、ナオミちゃん達にも!

a0170045_01091608.jpg
元々私は一保堂のお店が大好きで、京都に泊まると朝の10時頃から京都市役所を歩き始め寺町を北に歩き、御池通、押小路通、二条通と色々なお店を覗きながら、一保堂茶舗のお店にたどり着く散歩が好きで、暖簾の前で300年の歴史をお茶の香りと共に吸い込みながらお店に入り色んなお茶を買い求め、お土産用、自分用とのんびり友人と一保堂さんの時間を過ごします。

a0170045_01103011.jpg
今回、渡辺都さんのファーストネームを見て、何て京都にゆかりの深い名前をお持ちなのか思わず声が出ました。ご本名なのでしょうか。
日本クラブは色んな素晴らしいセミナーがあり、目が離せません。



by nymirrorball2 | 2017-06-21 01:02 | 趣味 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 17日

黄昏時のセントラルパークの散歩、

a0170045_18555123.jpg
ママが夕方6時半ごろガレージに着き、二人で荷物を抱えて、会場に向かって歩いています。

a0170045_19003284.jpg
ピアノソロが気持ち良さそうにジャズを奏でています。
a0170045_19030606.jpg
今夜はニューヨークフィルのコンサートがあり、ママは友人達と集います。まず、ママはブランケットを抱えて席取りです。

a0170045_19071424.jpg
私は差し入れによく冷えた白ワインと赤ワイン、長いバゲットを抱え、ブリーチーズ、スモークゴーダチーズ、自家製のモロッコ風のスパイシーひよこ豆サラダたっぷりとイチゴのババロアをママに渡して、
a0170045_19130509.jpg
久しぶりに二人で話をしながら、夕方のパークの通り抜けるような風を楽しみながら、こんなのんびりと二人で過ごした時間は何年ぶりだろうか?
a0170045_19164996.jpg
織りなす様に歩く人たちの中を会場に向かって歩いています。

a0170045_19194584.jpg
途中から熱いドラムに風さえよけて逃げているようで、色んな音が漂う黄昏セントラルパークです。
a0170045_19234007.jpg
友人の一人はコネチカットから列車でやって来て、幼友達は仕事が終わったら駆けつけて来て、グレートローンで落ち合います。ピクニックをしながら、生のNY フィルハーモニックを鑑賞です。
a0170045_19252961.jpg
ボートハウスを越してさらに北上した処の
The Great Lawnが今夜の会場です。
途中まで送って帰宅した私は、読書、真夜中に花火の爆音が響きわたり、あぁ、コンサートが終わった、と思ったら、ママからTEXTが来ました。
a0170045_19551350.jpg
さぞかし楽しかったでしょう!

a0170045_03231442.jpg
昔、行った頃を思い出しました。

a0170045_03241097.jpg
私が用意したものですね。

今度はオペラがあります。友人達をたくさん誘って又来なさい。

a0170045_19555476.jpg
ニューヨーク市の粋な計らいに、
市民は夏の夜を楽しみます。

a0170045_19562525.jpg
セントラルパークだけでなく市内の各区のパークを順に巡って行きます。ニューヨークフィルの皆さんにも感謝です。

by nymirrorball2 | 2017-06-17 18:52 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 27日

今日の目的は桜のトンネルをくぐること、

a0170045_03202483.jpg
さあ、そろそろ土手を降りて、乗馬の道近くの桜のトンネルを歩きましょう。

a0170045_03212636.jpg
これをまっすぐ行き左曲せずに右に行くと降りれます。
a0170045_03233157.jpg
離れがたいくらい美しいブルーです。

a0170045_03222263.jpg
空も見ていて飽きません。
さて、降ります。

a0170045_03241580.jpg
この道が乗馬の人たちが行き交う道です。
ここを行くと右手に桜のトンネルが出て来ます。
a0170045_03263993.jpg
見えて来ました。トンネルの南入口です。
いつも南から入ります。

a0170045_03282570.jpg
右上は貯水池で土手をジョギングする人が次々行きます。

a0170045_03310802.jpg
両方が八重桜の並木路です。たわわな八重桜の花がとても重そうです。

a0170045_03345201.jpg
以前、早朝に歩き、人がいなくてとても静寂で桜の妖精がその辺で遊んでいるような空間で忘れられません。

a0170045_03355218.jpg
ある時は花の散るころの早朝に来て、周り一面桜の花びらが散り、絨毯のような道がふわふわしてこれも忘れられません。

a0170045_03364288.jpg
人がいないのも綺麗ですが、人がいるのも
いろんな表情が見れて、

a0170045_03380178.jpg
これも人生の一部です。

a0170045_03391804.jpg
桜の枝の間からツイーンタワーのコープがあり、本当にNYはお金持ちが山ほどいるのです。

a0170045_03402240.jpg
あちこちに人々が寝そべって花見です。

a0170045_03413202.jpg
トンネル、トンネル、

a0170045_03422491.jpg
八重桜は大きいですね。

a0170045_03430591.jpg
ブルースカイがピンク色に映えています。

a0170045_03440355.jpg
本当に眠ってしまいそうです。

a0170045_03452136.jpg
左はマドンナが住もうかと見に来たコンドミニアム、TVが撮りに来ていました。

a0170045_03482242.jpg
ご近所さんは典型的なカップルですね。

a0170045_03493448.jpg
8歳くらいの娘さんがお母さんに絡まってお話中、仲がいいのですね。お父さんは背中を向けて息子と談話中、和やかなひと時ですね。

a0170045_03510449.jpg
先ほどの花の木、トンネルを終えて、
南のダコダハウスまで散歩です。ランチの予約をいれています。


by nymirrorball2 | 2017-04-27 03:17 | 趣味 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 25日

まずはジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池を一回り、

a0170045_05081357.jpg
ジャクリーンさんは日々このような景色を見ていたのですね。ちょうど、せをむけているのは彼女のビルの辺りです。

a0170045_05094847.jpg
動いていないようで雲は動いています。

a0170045_05111705.jpg
キャッキルマウンテンから運ばれてきた水はこの貯水池に置かれ、NYの水道水となるのです。
セントラルパークウエストの街並みです。

a0170045_05134322.jpg
イーストサイドの街並みです。
望遠鏡を持ってきたら良かった。

a0170045_05160944.jpg
セントラルパークサウスです。左端がトランプパークの黄金の冠です。

a0170045_05172452.jpg
左のもっこりとした線沿いに歩いてきました。今は半周の地点に居ます。

a0170045_05183359.jpg
セントラルパークサウスを見ています。右も左も同じ距離くらいの真ん中の位置にいます。

a0170045_05202189.jpg
毎朝、貯水池を一周する散歩も空気が美味しそうですね。
a0170045_05211309.jpg
どこの方向に向いてるのかわからなくなってきました。
a0170045_05215873.jpg
これは南ですね。

a0170045_05223781.jpg
この辺から土手を降ります。

a0170045_05233637.jpg
ほぼ一周して運動量としては快いですが、今日の散歩の半分位で、まだ半分のこっています。

by nymirrorball2 | 2017-04-25 05:05 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 14日

竹内修青銅アートオブジェ in ニューヨーク展、

a0170045_00531836.jpg
日本クラブで4/12-4/27/17まで開催されています。入場料は無料です。

a0170045_00563145.jpg
竹内修アーティストのご挨拶で開催のオープニングです。

a0170045_00570234.jpg
昨年も開催されたそうです。

a0170045_00580384.jpg
休暇でNYに滞在中の龍矢たちも参加できて、
とても良いものが鑑賞できました。

a0170045_00583142.jpg
今回は男性の方が多かったように思います。

a0170045_00591563.jpg

a0170045_00595353.jpg
開催の挨拶の後はレセプションになり、
和やかに皆と会談、対談に移り、

a0170045_01002459.jpg
作者のあふれんばかりのエネルギーに、
圧倒されました。

a0170045_01005249.jpg
とにかく、スピーチの声も強くエネルギーがみなぎっています。

a0170045_01020825.jpg
だから、こんな大きな強い作品が生まれるようです。人、人間をテーマーに日本の伝統工芸を軸に海外に発信されていかれる心意気、
日本語ができない龍矢達に通訳をして、何かが感じられていると信じました。

竹内修:早稲田大学理工学部数学科を卒業後、国立リヨン大学経済学部に於いて“ヨーロッパ広域経済圏の数理経済学”の研究のため渡仏。その後、国立パリ大学(第5)へ“統計学及びマーケティング”の研究で再度留学。経済や統計学のみならずフランスの都市計画や西洋美術、ファッション等、多方面に渡り色々な知識を得た。帰国後、貿易や不動産開発、IT関係の会社経営に携わると同時に、200年近い歴史を持つ銅器製造業、高岡鋳芸社の経営にあたり、神社仏閣の建築装飾品や大仏、銅像等のデザイン・製造・販売を一括して手がけた。十数年前からⅭ‐アートを立ち上げ、技術者の育成と共に、美術家としての道も歩き始めた。(日本クラブのHPより、)
by nymirrorball2 | 2017-04-14 00:51 | 趣味 | Trackback | Comments(0)